【雑草との戦い】防草シートを庭に敷いてみた手順&コツまとめ

kyoko
春から夏にかけて伸びてくる雑草を何とかしたい!

庭のある家に住むと、どうしても頭を悩まされるのが雑草!ですよね。

特に普段見ることのない家の裏側なんて、放っておくと「うわー!」と叫びたくなるほど生い茂っていたりして…。

毎回抜くのも面倒なので、今回一念発起して 除草シート&砂利を裏庭に敷いてみました 

砂利&防草シートにした理由

雑草を防ぐ方法について調べたところ、 「砂利」「防草シート」「防草砂(固まる土)」の3つがメジャーな方法で、それぞれにメリットとデメリットがある ことがわかりました。

【1】砂利(ジャリ)を敷く

まずは砂利や砕石を敷いて日光を遮り、雑草の発芽を防ぐ方法から。

<メリット>

  • コストが抑えられる
  • 砂利を敷くだけなので簡単(砂利はホームセンターなどで購入できる)

<デメリット>

  • 防草効果は一時的で、長期間な効果は見込めない

砂利を敷くだけだと砂利の隙間から伸びた根が土まで届き、すぐに雑草が伸びてくるそう。

【2】防草シートを敷く

ホームセンターなどで売ってある防草シートを敷く方法ですね。

防草シートは水は通しても光は通さないことで、雑草が生えるのを防いでくれます。

<メリット>

  • 比較的コストが抑えられる(モノによって価格は様々)

<デメリット>

  • 見栄えがイマイチ
  • 紫外線によって防草シートの劣化が早い
防草シートが吹きっさらしの状態だと傷みも早く、隙間から雑草が生えてきた…なんてこともあるようですねー。

【3】防草砂(固まる土)

防草砂とは、水と混ぜて固めるとコンクリートのようになる土のこと。

ホームセンターなどで購入でき、製品にもよりますがシャベルなどの硬いもので割れば固まったあとでも除去できるそう。

<メリット>

  • 防草効果がとても強い

<デメリット>

  • 施工が難しい
  • コストが高い
防草砂は15㎏袋で1,200円くらいで、1平方メートルで5袋くらい必要なので、かなり割高です。

施工も大量の防草砂と水を混ぜ合わせるには業者レベルの道具やスキル、そして体力が必要そう…。

 

そこで今回は 「防草シートの上に砂利を敷く」という組み合わせでやってみることに決定 

防草シート&砂利を庭に敷く方法

まずは、今生えている雑草の除去からスタート。

【1】除草剤で雑草を枯らしてから除去すると楽

防草シートを敷くためには、まず今生えている雑草を取り除かないといけません。

作業したのは秋頃でしたが、結構な量が生えています…!

除草剤を使わなくても草取りすればいいんですけど、生草と枯れた草では除去する大変さが全然違うので、今回は除草剤を使用。

雨の日を避けて雑草に振りかけておくと、1~2週間ほどで草が枯れていきます。

※ 除草剤は危険性は低いようですが、それでもやっぱり草を枯らすだけの威力はあるので、取り扱いは説明書を読んで注意して扱ってくださいね。

ボトル一本でうちの裏庭には十分な容量でした。草が枯れるのを待って、雑草を取り除いておきます。

【2】防草シートと砂利を敷く分、土を3~5㎝ほど取り除く(やらなくてもよい)

防草シートを敷いた上に砂利を撒くため、その分の土3~5cmほどを除去していきます。

除去せずにそのまま上から敷いてもいいんですけど、掘り下げたほうがより平坦になって仕上がりがよくなるんですね。

この作業…スコップですくった土をひたすら袋に詰めていくのが想像以上にしんどい!

3~5㎝といってもうちの裏庭は12平方メートルほどあったので、掘り出した土の量も結構なことに。

掘り出した土を詰めておく「土のう袋」がものすごく役に立ちました。

むしろこれがないと除去した土の置き場に困ってしまいそうです。

ひたすら土を掘って「土のう袋」に詰める…という作業を続けて、なんとかきれいな状態に!

結局、土のう袋で16袋以上になりました、自分を褒めてあげたいー。

【3】防草シートの価格は?耐久性とコスパで選ぶ

防草シートは品質も値段もまちまちですが、今回は 繊維が織り込んであって厚みがあり、耐久性が高く破れにくい「デュポン 防草シート ザバーン」を使用 しました。

 価格は0.5×20mサイズで3,749円とちょっと割高 ですが、口コミなどでの評判もよく長期間がんばってくれそう。

実際に触ってみても、しっかりした素材であることがわかります。

【4】防草シートを使用スペースにあわせてカットして敷く

防草シートを敷くスペースのサイズを測り、それにあわせて防草シートをカットしていきます。

このとき サイズぴったりではなく、2~4㎝ほど幅広く切っておいたほうが隙間なく敷けます 

シートとシートが重なる部分は少しかぶりあうようにして、シートをつなぎ合わせる専門のテープを使って貼りました。

使ったのはこちら↓

テープを貼ることで防草シートのズレを防いで、しっかり固定できます。

こうして隙間を埋めておけば「間から雑草が…」なんて事態も防げます。

雨水が流れ込む排水口は、防草シートの外に出しておく

雨水が流れ込む排水口や管は、防草シートに細かく切れ目を入れて外に出します。

こうして穴を開けて…

グイっ!と出しておきます。

ちなみに防草シートは水を通すので、敷いていても雨水が溜まったりする心配はありません。

【5】防草シートをピンで抑えて固定する

防草シートの固定にはU字型の「U字ピン」を使うのが一般的ですが、地面が硬かったり土中に石が埋まっている場合は、U字ピンだと弱くて上手く刺さらず曲がってしまいます。

そのため、地面が硬いところにはしっかり土に刺さる釘タイプのピンを使用。

これを挿すことでシートが浮いてくるのを押さえ、シートのズレも防止してくれます。

写真の上のほうにあるのがU字タイプのピンで、手前が釘タイプのピンです。

【6】防草シートの上から砂利を敷く

防草シートの上から敷く砂利や砕石ですが、価格や種類も様々あります。

上を歩くと音が鳴る防犯用の石などもあったんですが、全体に敷くと高額になるので、今回は砕石を敷くことに。

(ちなみに砕石とは、角が尖っている砂利のこと)

そうして使った砕石は、全部で20袋…!撒くのにもなかなか体力がいりましたよー。

【7】レンガと速乾性コンクリートで境目を固定し、砂利の分散を防ぐ

防草シート&砂利を敷いた部分と、今後植物などを植えたいスペースの間にレンガを敷いて境目を作り、砂利が分散するのを防ぎます。

レンガを並べるだけでは動いてしまうので、レンガとレンガの間に「速乾性コンクリート(インスタントコンクリート)」を使って固めることに。

「速乾性コンクリート」は少量から販売されていて、水と混ぜることで簡単に使えて便利でした!

完成!今のところ雑草は生えていません

施工して3ヵ月ほど経ちましたが、今のところ雑草は全く生えておらず、排水なども問題なく順調です。

がんばった甲斐があった…!!

「もう雑草と戦い続けるのに疲れた…」というときには、ぜひやってみてくださいね。

 

【関連記事】

※ おしゃれな本棚をDIY!リビング用に作ってみた

※ 【初心者DIY】スチール脚のダイニングテーブルを作ってみた

※ 【賃貸DIY】初心者でもできた!本棚の作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA